白子秀隆建築設計事務所
ツジドウのイエ

外周部の壁は、上部が珪藻土、下部をラワン合板としている。この素材の分節ラインは、FL+900,FL+1800,FL+2250と部屋ごとに高さが異なる。さらに開口部による切り欠きによって、凸凹のラインを形成する。
また、各部屋の天井に現れる小梁や床材の貼り方向はそれぞれ異なっている。
部屋ごとに微細な違いをつくることで、一定の反復する形式の中で心地よい“ゆらぎ”を増幅させている。
パーケットフロアのような形式が、何にも束縛されない、住み手の感性が自由に発揮できる空間となることを期待している。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
HOME PROFILE WORKS PRESS CONTACT BLOG
 
Copyright © Hidetaka Shirako architect and associates All rights reserved.