白子秀隆建築設計事務所
ヤクモアパートメント

与条件として求められる最大ヴォリューム用意した上で、それを十字に切断し、対角にある2つのヴォリュームを、僅かに接する面を残しスライドさせ隙間を作りだした。この隙間は各住戸の専用庭となり、通風、採光を確保すると共に、隣接住戸、対峙する周辺環境に対して適度な距離を持った緩衝帯となる。庭に面する隣棟壁を空に向かって傾斜させる事で、対角にある住戸との間にもスリットが生まれ、北側の庭、緑道まで光が差し込み、広がりと奥行感を増幅させている。隣接住戸の庭に面する開口は、傾斜した壁の窓からは空を、足元に設けられた窓は地面を映し出し、視線が交錯しない、住人同士の緩やかな関係性を導き出している。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
HOME PROFILE WORKS PRESS CONTACT BLOG
 
Copyright © Hidetaka Shirako architect and associates All rights reserved.