白子秀隆建築設計事務所
カマクラのイエ

建物中心に置かれた作業テーブルのあるワークスペースを起点に、絵画アトリエ、茶室、洋裁スペース、厨房、屋外作業場の五つの創作の場が取り囲むように隣接している。リビングやダイニングといった住宅の機能を諸室ごとに分けるのではなく、創作の活動分野ごとに領域を設定し、また相互に関係性を持ち、緩やかに繋がるような構成としている。
2階は個室と廊下状のギャラリーとなっており、古い美術書や作品などが無造作に置かれている。床・壁・天井を無塗装のラワン合板で仕上げている。素っ気ない表情で仕上げというより、下地の状態であるが、場所の使い方を限定しないおおらかさがある。
この住宅が絵画のキャンパスの合板のように、これからの創作活動の下地となり、自由に彩られていくことを期待している。

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
HOME PROFILE WORKS PRESS CONTACT BLOG
 
Copyright © Hidetaka Shirako architect and associates All rights reserved.