白子秀隆建築設計事務所
カタセヤマのイエ

住宅における寝室の機能は基本的にオミットされており、設けられた個室は専ら趣味のスペースである。1階の天井高さを3.4mとし、建物のほぼ中央に、1FLから1.3mレベルの高い位置に書斎を配置している。ここから各諸室やエントランス、庭が一望できる。中間階に設けられたロフトも個室や階段室に接続している。自由に回遊できる動線が確保されていて、各趣味でクローズされた個室同士を緩やかに接続する。

将来的に、夫婦がこの建物に専住する可能性を考え、2世帯形式にも対応できるように、2階に水回りが組み込めるスペースやエレベータやエントランスの増設も考慮したフレキシブルな計画としている。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
HOME PROFILE WORKS PRESS CONTACT BLOG
 
Copyright © Hidetaka Shirako architect and associates All rights reserved.